2009年03月21日

The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Final Day

2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップ-最終日

最終日
ビヨン ダンカーベック (T1、North)は
この最終レースにおいて勝利することにより
このAlaçatiを優勝の二文字で飾ることとなった。
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)は
この最終レースを2位でゴールした、しかし
今までのレースの総合ポイントは
彼女をすでにこのAlaçatiの女王に選んでいた。


Everyone is a winner here in Turkey!


スラローム(男性) 第11レース
緊迫した状況の中、最終レースが開催された。
この第11レースはビヨン ダンカーベック (T1、North)と
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)の二人が
今回のAlaçatiでの優勝を競い合う最後のステージとなった。
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)は最終的に
6位以上でゴールすることでこのイベントを獲得する
ことが出来るが、
一方のビヨン ダンカーベック (T1、North)はそれ以上の
結果を出さなければ優勝するには難しいポジションにいた。

準決勝
1位でFinian メイナード(RRD、NeilPryde)が駆け抜け、
ビヨン ダンカーベック (T1、North)は2位で
決勝のステージへこまを進める。
もう一つの準決勝ではアントワーヌAlbeau
(Starboard、NeilPryde)が勝利し決勝での競争に
勢いに乗るように感じられた。


アントワーヌAlbeau


決勝
最終決勝にイベントの優勝の全てがかかっていた。
この最終レースを絶妙のスタートを切り
走り出したのはビヨン ダンカーベック (T1、North)でした、
彼は追いすがるピーターVolwater(F2、North)を
第4のマークで引き離しこのまま誰も寄せ付ける事無く
ビヨン ダンカーベック (T1、North)はこのレースを
1位で勝利しこのイベントAlaçatiで優勝を勝ち取った、
第11レースの2位にピーターVolwater(F2、North)が入賞した。


ビヨン ダンカーベック

一方のアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)は
スタートに失敗してしまいその結果10位でゴールする事となった。

ビヨン ダンカーベック (T1、North)がゴールインした瞬間
ファンの声援と喝采はものすごいものでした。
世界チャンピオン・ビヨン ダンカーベック (T1、North)復活と
いわんばかりの喜びあふれていた。

この2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップは
ビヨン ダンカーベック (T1、North)が勝利し
見事優勝を果たした。
2008スラローム世界チャンピオンの座は
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)が獲得し
不動のものとしている。


アントワーヌAlbeauとビヨン ダンカーベック



スラローム(女性) 第11レース
レースの結果とは関係なくこのAlaçatiのイベントでの順位は
1位にヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)
2位にカリンJaggi (F2、 North Sails)とのポジションは
今までのレースのポイントで確定していた。


ヴァレリー Ghibaudo

しかしそうであったとしても、
すべてのレースにプライドを賭けて戦い続けた
プロフェショナルなスラロームレーサーの二人は
この最終レースにおいてもまったく手を抜くことの無い
真剣勝負のレースを展開した。
この最終レースで1位でゴールしたのは
カリンJaggi (F2、 North Sails)そして
2位にヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)
が獲得しこのAlaçatiの
すべてのイベントを終了した。


カリンJaggi


2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップ 順位
1位 ビヨン ダンカーベック(T1、North)
2位 アントワーヌ Albeau(Starboard、NeilPryde)
3位 ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)
4位 Finian メイナード(RRD、NeilPryde)
5位 ケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、MFC、Dakine)


Bjorn Dunkerbeck 1st,
Antoine Albeau 2nd,
Ross Williams 3rd


2008PWAシーズンの順位
1位 アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
2位 ビヨン ダンカーベック(T1、North)
3位 ケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、MFC、Dakine)
4位 ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)
5位 Finian メイナード(RRD、NeilPryde)


2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップ 順位
1位 ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)
2位 カリンJaggi (F2、 North Sails)
3位 フェレーナFauster(F2、Gaastra)
4位 リーナErdil(The Loft)
5位 サラ エベール(Starboard、Naish)


The women's fleet

2008PWAシーズンの順位
1位 カリンJaggi (F2、 North Sails)
2位 リー Korzitz(Tabou、Gaastra)
3位 ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)
4位 Iballa モレノ(North)
5位 アリスArutkin(Starboard、North)


Iballa モレノ


The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Final Day
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。



応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村
posted by sailor at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Day Five

2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップ-5日目



レース5日目アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
がこのAlaçatiのイベントをリードする
ビヨン ダンカーベック (T1、North)から
0.3ポイント奪い返した。
女性のトップセイラー ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)
は第9レースで更に勝利を一つ積み上げた。




スラローム(男性) 第9レース
準々決勝ビヨン ダンカーベック (T1、North)が
マルコBegalli(Starboard)と激突するようなレースの中で
いつものパワーが感じられない
ビヨン ダンカーベック (T1、North)
このAlaçati PWAをリードし続ける
彼らしくない不調が感じられるレース内容は
この第9レースに波乱が巻き起こる様に感じられた。

準決勝
準決勝ではセイラー達に置いて行かれる最悪な状況の中で
ビヨン ダンカーベック (T1、North)はこれまで
PWAスラロームにおいて11回の世界チャンピオンを獲得した
『ターミネーターモード』に切り替えこの厳しい状況を
勝ち超えて決勝のステージに進んだ。

もう一つの準決勝では
ケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、Dakine、MFC)は
同じチームメイトのロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)に
対し手を貸す事無く自分だけ決勝へ勝ち進んだが、
決勝でケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、Dakine、MFC)
に手を貸す者は無く結局決勝でポイントを稼ぐレースをすることが
出来ず終了した。

決勝
最初のターンマークを走り抜けた時このレースの結果は決まった。
不調のビヨン ダンカーベック (T1、North)は6位に
そして現役世界チャンピオンの
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)が
9位のポジションでゴールした。

このレース勝利したのはシリル Moussilmani(Fanatic、North)
そして2位をベンファン デルステーン(Exocet、Simmer)獲得し
3位にFinian メイナード(RRD、NeilPryde)入賞した。


シリル Moussilmani


スラローム(女性) 第9レース
Cagla Kubat(Starboard、North)Morane Demont
(Starboard、Severne)は勝利を急ぐ焦りの気持ちを
抑えることが出来ずフライングしてしまいこの決勝での
希望を早々に手放してしまった。
その一方でヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)が
1位のポジションを当たり前のように勝ち取り。
2位をカリンJaggi (F2、 North Sails)駆け抜け
3位をフェレーナ Fauster(F2、Gaastra)が掴んだ。


カリンJaggi


スラローム(男性) 第10レース
第10レースでまさかのフライングによりレースに参加している
9名のセラーの内4名がフライングにより失格になりました。
ベンファン デルステーン(Exocet、Simmer)もその
フライングした4人の中に入ってしまいここからの
快進撃の希望を無くす事となった。

準決勝
ピーター Bijl(Fanatic、NeilPryde)は決勝への
切符をつかめず敗者決勝に廻ることになった。

決勝
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)はこの
レースで2008勝利のスタイルへ立ち返りこのレースを
支配し勝利した。
ビヨン ダンカーベック (T1、North)は4位に、
3位にはピーターVolwater(F2、North)が入り、
2位をシリルMoussilmani(Fanatic、North)が獲得した。


アントワーヌ Albeau



スラローム(女性) 第10レース
決勝 走り抜けたカリンJaggi (F2、 North Sails)1位で勝利した。
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)は4位でゴールし
地元のリーナErdil(The Loft)と
Cagla Kubat(Starboard、North)は助け合いながら
リーナErdil(The Loft)をこれまで最高の2位に押し込み
Cagla Kubat(Starboard、North)は3位でゴールした。


リーナErdil



The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Day Five
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。



応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村
posted by sailor at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Day Four

2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップ-4日目

スラローム(男性)予選 第6レース
4日目の最初の第6レースをリードし
決勝でアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)勝利した、
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)は
ビヨン ダンカーベック (T1、North)に対して
Alaçati PWAワールドカップのレースはここからだとの
メッセージのような内容のレースだった。
一方のビヨン ダンカーベック (T1、North)は決勝には進むこと
が出来ず、敗者決勝でどうにか2位をキープするという
レース結果に終わった。

第6レース決勝の順位は
2位アーノン ダガン(Fanatic、Gaastra)
3位ロビー スウィフト(JP、NeilPryde)が獲得しました。
レースを終えてロビー スウィフトからのコメントです
『これまでのレース人生の中で最高の走りが出来たレースの
一つでした。Finian メイナード(RRD、NeilPryde)を寄せ付けず
攻めの姿勢で走り続けた結果得たこの3位の結果に私は
本当に満足している。』


ロビー スウィフト

スラローム(女性)予選 第6レース
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)はこの
レースまさかのミスからカリン Jaggi(F2、North)のために
勝利の扉を開き1位でカリン Jaggi(F2、North)がこのレースを
制した、2位にフェレーナ Fauster(F2、Gaastra)3位にマルタ Hlavaty(MauiSails)が入賞した。
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)はこの第6レースを
落とす事となったが今までの勝利してきた結果
まだまだこのイベントの優勝を掴める位置にいる。


カリン Jaggi


スラローム(男性)予選 第7レース
準々決勝
ベンファン デルステーン(Exocet、Simmer)と
アルベルトMenegatti(Starboard)は
ジュリアンQuentel(Starboard、NeilPryde)のスタートに
惑わされ同じタイミングでスタートするが三人ともフライング
という結果でこのレースから早々に姿を消してしまう。

準決勝
地元トルコのボラ Kozanoglu(Starboard)は
ケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、Dakine、MFC)
を打ち負かし、準決勝のステージを
1位でボラ Kozanoglu(Starboard)が走り抜けた
ケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、Dakine、MFC)は
2位のポジションをキープしゴールする。第2ステージの準決勝は
1位にFinian メイナード(RRD、NeilPryde)
2位にアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)で
勝ち上がってきた。

決勝
1位で走るビヨン ダンカーベック(T1、North)のスピードは誰も
追いすがる隙さえ与えないレースを作り葉走りぬいた。
その後方ではロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)の
強烈な走りの前にアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)は
2位のポジションをロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)に
奪われる事となり、アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)は
3位でこのレースを終了した。


ビヨン ダンカーベック

敗者決勝
敗者決勝のレースはジョシュ アングロ(MauiSails、Dakine)が
ゴンサーロ コスタ Hoevel(Exocet、NeilPryde)とシリル Moussilmani(Fanatic、North)を一歩も寄せ付ける事無く
ジョシュ アングロ(MauiSails、Dakine)が勝利を手にした。



スラローム(女性)予選 第7レース
決勝
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)は第6レースのミスを
見事に吹き飛ばすほどのレース展開で見事1位で第7レースを制した。
2位をカリンJaggi (F2、 North Sails)が獲得
地元トルコのリーナErdil(The Loft)が3位入賞と健闘を果たした


Cagla Kubat(TUR75)とリーナErdil(TUR33)

敗者決勝
アニカ Gillgren(Severne)は第7レース敗者決勝ステージで
11位のポジションキープした。

スラローム(男性)予選 第8レース
この日最後のレースは激しい12-18ノットの変化する風で
スタートした。
第6・7レースを終えたセイラー達のスタミナと戦術的な知識を
試されようとしていた。

この過酷で難しい状況の中で地元トルコのスピードスター
ボラ Kozanoglu(Starboard)は変化する風を正確に捉え決勝の扉を
押し開いた。
ジミーディアス(Starboard、North)と
ジョシュ アングロ(MauiSails、Dakine)も決勝に進むために
準決勝を勝ち進んだ。

決勝
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)・
ビヨン ダンカーベック (T1、North)・
ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)は
第3ターンで勝負が決まった、いち早くコーナーを抜けて
勝利したのはアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
2位にこのイベントをリードする
ビヨン ダンカーベック (T1、North)そして
3位にロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)の順で
今日のレースは全て終了した。


ロス ウィリアムズ


スラローム(女性)予選 第8レース
決勝
様相道理の展開でヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)が
1位で勝利した。
2位にカリンJaggi (F2、 North Sails)を
キープし16歳アリスArutkin(Starboard、North)は念願の
3位の表彰台に立つことが出来た。


アリスArutkin


The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Day Four
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。



応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村
posted by sailor at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Day Three

2008ペガサス航空会社Alaçati PWAワールドカップ-3日目

スラローム(男性)予選
第4レース
レース3日目、第4レースで走るジミー ディアス
(Starboard、North)トルコ人のボラKozanoglu(Starboard)と
パトリックDiethelm(F2、North)の三人は序盤戦で風を掴む
ことができず次の戦いのステージを敗者決勝へ移す事になった。

序盤戦から勝負に出たガブリエル ブラウン(Mistral、MauiSails)
が1位獲得し勝利をする。ゴンザーロー コスタ Hoevel
(Exocet、NeilPryde)はその後に続き2位で走り抜けた。

決勝
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)はジャイブで
痛恨のミスを犯してしまい風下に行過ぎマストを打ち付ける
不本意な結果でこの第4レースで10位というポジションを受け
入れる事となった。

1位で走り抜けたビヨン ダンカーベック (T1、North)は
2位のロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)に大差をつけて
ゴールした。
3位を走るケビン プリチャード(Starboard、Gaastra、Dakine、MFC)
はFinian メイナード(RRD、NeilPryde)の攻撃をかわし
そのままのポジションでゴールし、Finian メイナード
(RRD、NeilPryde)も4位でこの第4レースを終了した。


ビヨン ダンカーベック


スラローム(女性)予選
第4レース
敗者決勝 これまでのラウンドでは本来の力を発揮することが
出来ずにいたリー Korzitz(Tabou、Gaastra)はこの敗者決勝で
自身のスタイルに立ち返り1位で勝利し次のレースに希望を見出す
結果を出すことが出来た。
2位にはその後方から追いかけていたオーストラリアの
アニカ Gillgren(Severne)が掴んだ。


アニカ Gillgren


決勝
第4ターンのブイで勝負は決まった。
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)が第4ターンご
フルスロットルで走り抜け1位で勝利。
第4ターンで少しアウトにそれたアリス Arutkin
(Starboard、North)が2位を掴んだ。
そして3位には15才のMorane Demont(Starboard、Severne)
で第4レースを終了した。


アリス Arutkin


スラローム(男性)予選
第5レース
15分の休憩後レースは再開 準々決勝でケビン プリチャード
(Starboard、Gaastra、Dakine、MFC)は進むべきコースを
見失ったかのようにケビン プリチャードの第5レースは
ここで終了する。

ジミー ディアス(Starboard、North)もまた準々決勝第2ステージに
おいて7位のポジションでレースを終えるその結果、
次の準決勝へのステージに勝ち進むことが出来ずジミー ディアス
(Starboard、North)もここの第5レースから姿を消す事となった。


ケビン プリチャード


準決勝
トップクラスのレーサー、ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)は
このラウンドでまさかの失速、8位という不本意な結果に終わった
ロス ウィリアムズは次のステージ、敗者決勝に望みを託す。
もう一つの準決勝ではFinian メイナード(RRD、NeilPryde)は
デニス Littel(F2、MauiSails)に競り負けてしまい決勝の
ステージにはデニス Littel(F2、MauiSails)が進んだ。


決勝 
決勝に進んだ10名の内7名がフライングスタートで失格という
混乱したレースが始まった。
ピーター Bijl(Fanatic、NeilPryde)とピーターVolwater
(F2、North)とゴンザーローコスタHoevel(Exocet、NeilPryde)
はフライングをした7名の中にいた、せっかく掴んだチャンスが
水の泡と消していくのを多くの観客達が
どよめきと共に目撃していた。

レースはビヨン ダンカーベック (T1、North)と
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)そして
ベンファン・デルステーン(Exocet、Simmer)の3名で争われた。
三人は横一線に並ぶ形でスタートした、
勝負は第2マークのターンで決まった
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)が3位に、
ビヨン ダンカーベック (T1、North)が2位のポジションで走り、
ベンファン デルステーン(Exocet、Simmer)が僅かなリードを
守りきり1位でゴールし第5レースを勝利した。


ベンファン デルステーン

敗者決勝
ジュリアン Quentel(Starboard、NeilPryde)が
フライングスタートを切ったときその後を追っていた
ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)も共にフライングして
しまい二人とも失格する。
残されたレーサーの中でアーノン ダガン(Fanatic、Gaastra)
が勝利し11位のポジションをキープした。


スラローム(女性)予選
第5レース
準決勝 ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)は前回の
レースをリプレイしているかのように決勝のステージへ勝ち
進んでいった。


ヴァレリー Ghibaudo


決勝
フランス人ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)猛攻でレース
はスタートした。カリンJaggi(F2、North)が追撃を試みるが
その差は縮まることなく2位でカリンJaggi(F2、North)は
ゴールした。
3位にマルタ Hlavaty(MauiSails)が入り、
1位はヴァレリー Ghibaudo(Tabou、The Loft)が圧倒的な
差を見せ付けて獲得した。


マルタ Hlavaty

敗者決勝
オーストラリアのアニカ Gillgren(Severne)は2位から
リー Korzitz(Tabou、Gaastra)に真正面からぶつかる形で
勝負を賭けた。
しかしその実力の差を現状で埋めることは出来ず、
1位にリー Korzitz(Tabou、Gaastra)
2位にアニカ Gillgren(Severne)でレースは終了した。


The 2008 Pegasus Airlines Alaçati PWA World Cup – Day Three
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。



あなたの応援が私の励みです。
本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
posted by sailor at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。