2010年06月26日

Gran Canaria Grand Slam Event Summary Part2

グラン カナリア グランド スラムイベント概要

スラロームイベントは35ノットの風速の中で行われた。
その風はスラロームセイラー達に物理的限界ギリギリの
膨大な圧力かけ続けた。

Gran Canaria PWA Grand Slam - Part 4


アントワーヌ Albeau(JP/NeilPryde)はレース1
を不本意な敗者決勝からスタートする。
しかしこの偉大なフランス人は残りの
レース2〜レース14でワールドチャンピオンの
本領を発揮し1位を5回と2位を4回獲得しこの
ポゾのイベントも優勝で飾る。


アントワーヌ Albeau



ロス ウィリアムズ (Tabou/Gaastra) は序盤戦においては
安定した走りと好成績を残すが次第にリズムが
ずれてゆくように後半戦では勝者決勝で走る事さえ出来ず
このイベント全体で7位の順位レースは終了した。


ロス ウィリアムズ

ケビン プリチャード (Starboard/Gaastra/Dakine)は、
このイベント全レースにおいて決勝のステージに
参戦し周囲が驚くほどの成果を上げる彼はこの
ポゾのイベントで2位でを獲得した。


ケビン プリチャード


Gran Canaria PWA Grand Slam - Part 5


シリル Moussilmani (Starboard/North Sails)は
世界最高峰のレーサーとしてプライドを発揮しレース全般に
おいて安定した結果を残す、
彼はこのポゾで3位のポジションで次の
イベントへの準備を進める。


シリル Moussilmani


ビヨン ダンカーベック (Starboard/Severne)は
6位のポジションでレースを終了し、


ビヨン ダンカーベック

フィニアン メイナード(RRD/NeilPryde)は
3位との差がわずか0.4ポイント4位という結果を受け
入れることとなった。



Gran Canaria PWA Grand Slam - Part 6


ウエーブ
ダブル エリミネーション(Men)


ダブル エリミネーション 最終日は50ノットの
風と高い波のうねりの中で開催された。

この厳しい条件下でマルコス ペレス(Gun Sails/Exocet)、
ダニー ブルッフ(Exocet/Severne Sails/MFC)、
トーマス Traversa(Gaastra/Tabou Boards)が
新鮮で印象的な走りをみせる。
トーマス Traversaはこの日高いフォワードを着水させる、
ダニー ブルッフはクリーンウェーブ360sで最高の
ウエーブを演出し高得点をたたき出した。


トーマス Traversa


熱戦が進むにつれてロビー スウィフト (JP/NeilPryde) 、
ジョシュ アングロ (Angulo/MauiSails/Dakine)は優れた
パフォーマンスを発揮、
インスピレーションによって走る Klaas Voget (Fanatic/NeilPryde/MFC) は
アレックス ムッソリーニ (Tabou) の前に敗退し、
ムッソリーニは、卓越した
リカルド Campello (JP/NeilPryde/MFC) に敗れ去る。


リカルド Campello

リカルド Campello (JP/NeilPryde/MFC)と
ビクター フェルナンデス (Fanatic/North Sails/MFC)は
決勝のステージを争い戦った。
ビクター フェルナンデスがタイトで過激なターン
タカ・ウエーブ360などの最高の演技を見せ決勝へ勝ち進む。


ビクター フェルナンデス


決勝
最高の条件で開催された決勝戦は
ビクター フェルナンデス (Fanatic/North Sails/MFC)
フィリップ・コスター(Starboard/NeilPryde/Dakine)の
二人が競い合った。中でも素晴らしい戦いを見せたが、
若干15歳のフィリップ・コスター(Starboard/NeilPryde/Dakine)
彼が最高のウエーブライディングを見せる、
プッシュループ・tweak・フォワード クリーンで
ウインドサーフィンの歴史に残る勝利を手にした。


フィリップ・コスター



ダブルエリミネーション(Women)
シルビア オロスコ(Goya/MFC)、
アリス Arutkin (Starboard/North Sails)
Evi Tsape(熱狂者/NeilPryde)は素晴らしい
演奏を奏でるような走りで観衆を魅了し、
ロール Treboux (Fanatic/North Sails)は巧みな
ウェーブライディングと優れたジャンプから
素晴らしいパフォーマンスを見せた。


ロール Treboux

3位を獲得したのはカリン Jaggi (F2/Severne)
レース序盤戦から彼女の優れた走りを見せる
中でも大きなプッシュループが印象に残った。


カリン Jaggi


Nayra アロンソ (Fanatic/Severne)は
素晴らしいセーリングを見せるものの
カリン Jaggi (F2/Severne)とレースに破れ
4位でこのイベントを終了した。


Nayra アロンソ


決勝
ダイダ ルアーノ モレノ(North Sails)と
Iballa ルアーノ モレノ(North Sails)の
双子の姉妹でこのタイトルは争われた。
Iballa ルアーノ モレノがエアー chachoを試み
タイトル奪取に手を伸ばす、しかしその妹の上を行く
バックループを着水させるダイダ ルアーノ モレノが
勝利しタイトルをその手につかんだ。


ダイダ ルアーノ モレノ


グラン カナリア グランド スラム イベントリザルト
スラローム
1位 アントワーヌ Albeau (JP/NeilPryde)
2位 ケビン プリチャード (Starboard/Gaastra/Dakine)
3位 シリル Moussilmani (Starboard/North Sails)
4位 フィニアン メイナード (RRD/NeilPryde)

ウエーブ
Men:
1位 フィリップ・コスター(Starboard/NeilPryde/Dakine)
2位 ビクター フェルナンデス (Fanatic/North Sails/MFC)
3位 リカルド エルカンペリョ (JP/NeilPryde/MFC)
4位 ジョナス Caballos(Fanatic/Simmer Style/MFC)

Women:
1位 ダイダ ルアーノ モレノ(North Sails)
2位 Iballa ルアーノ モレノ(North Sails)
3位 カリン Jaggi (F2/Severne)
4位 Nayra アロンソ (Fanatic/Severne)



Gran Canaria PWA Grand Slam - Part 7


応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村
posted by sailor at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。