2009年10月22日

2009 Dwarf8 PWA Surf World Cup, Podersdorf, Austria – Day One

2009Dwarf8 PWAサーフ ワールドカップ・Podersdorf・オーストリア–初日

レースの開催の初日を迎えた、
最適なスラロームのレース条件を満たした
Neusiedlレイクは、セイラー達のスタートを待ち構えている。

オーストリアはスタイリッシュな
太陽と風をこのイベント初日に届けてくれた、
ここからWorld Tour、スラロームのシーズンが開幕する。

400のセイルと200のボードは、使用朝登録を済ませ、
66人スラロームレーサー達は、Neusiedlレイクの
公式レースコースで調整のセイリングを始めました。

北西の風を動力に換えて、
レーサー達は4-ブイ・スラロームコースを
テスト走行しながら、照準をレース1に合わせ、
勝つためのチューニングを開始していた。

新しいスポンサー、新しいボート・セイル、
新しいルールでレースは始まった。
ライダー達に混乱も同様も無く、
ラウンドは順調に重ねれれて行く。
その中でも アントワーヌ Albeau(JP・NeilPryde)と
ビヨン ダンカーベック(Starboard・Severne)は、
昨シーズ2008・スラロームのまま、
エリミネーション決勝で走る8人の枠を当たり前のように
確保していた。
メディアからのプレッシャーを物ともしない彼らの
精神的強さは眼の見張るものがあった。


ビヨン ダンカーベック


同様に、イギリスのロスウィリアムズ(Tabou・Gaastra)は、
彼がラウンド1・2・3を通じて決勝への道を切り開らいてみせた。


ロスウィリアムズ

ピーター Volwater(F2・MauiSails)のレースは、
一貫した実力からなるセイリングで勝利を重ね、
彼もまた決勝のステージへ飛び込んできた。
様々なプレッシャーを跳ね返しトップセイラーの
実力を発揮して見せた。


決勝
ジミー ディアス(Starboard ・ North Sails)は8位、
ジュリアン Quentel(RRD・NeilPryde) 風を良くとらえ素晴らしいセイリングで3位に入賞した。
セイリングのフォームに違和感を感じさせる、
スティーヴ・アレンは5位でこのレース1を終える。


ジュリアン Quentel

レース1決勝を制したのは、
アントワーヌ Albeau(JP・NeilPryde)
いつものビジネスの様に余裕のリードで勝利した。
大差は付けられたが2位を確保し勇戦したのは
ロス ウィリアムズ(Tabou・Gaastra)、
レースは始まったばかり、結果は明日以降のレースが重要となる。


アントワーヌ Albeau


レース1決勝リザルト
1位アントワーヌ Albeau(JP・NeilPryde)
2位ロスウィリアムズ(Tabou・Gaastra)
3位ジュリアン Quentel(RRD・NeilPryde)
4位ピーターVolwater(F2・MauiSails)
5位スティーヴ・アレン
6位アーノン ダガン(Gaastra・Tabou Boards)
7位ビヨンダンカーベック(Starboard・Severne)
8位ジミー ディアス(Starboard ・ North Sails)

2009 Dwarf8 PWA Surf World Cup, Podersdorf, Austria – Day One



応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村



posted by sailor at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。