2009年06月30日

The Cabo Verde PWA World Cup – Day Two

カーボベルデPWAワールドカップ – 2日目
2.16

コンテスト2日目、大波が発生する時間が余りに短かく
試合を中断することを余儀なくされてしまった。


第1ラウンド
トーナメント2・第1ラウンド、ジョン スカイテリア
(RRD・Naish)、アレックス ムッソリーニ(Tabou)
フランシスコ(Porcella(Simmer・Dakine・MFC)
そして、リカルド キャプロ(JP・NeilPryde・MFC)
がこの日最初に対戦しました。
初めから飛ばし熱いライディングを見せてくれたのは、
フランシスコ Porcella(Simmer・Dakine・MFC)と
リカルドCampello(JP・NeilPryde・MFC)の二人、
彼らはベストな波を捉え洗練された
高い技術で波を乗りこなしていった。


リカルド キャプロ

アレックス ムッソリーニ(Tabou)と
ジョン スカイテリア(RRD・Naish)は調子が悪いのか
期待外れのライディングが続き、二人ともここで姿を消す事になった。
反対にリカルド キャプロ(JP・NeilPryde・MFC)一貫して
洗練されたウェーブライディング魅せてくれます、
そして、そのライディングに一歩差をつけリードしたのは、
フランシスコ Porcella(Simmer・Dakine・MFC)この人です。


フランシスコ Porcella


トーマス Traversa(Tabou・Gaastra)はここで勝負に出る。
フランス人のトーマス Traversaは普段の慎重な
セイリングからは考えられない走りを魅せた。
balls-to-the-wallからの強烈なアプローチと
正確なライディングで、トーマス Traversaは
第2ラウンドの扉を押し開いた。
プレッシャーのためかグレアム Ezzy(Dakine)はここで敗退
姿を消してしまった。


トーマス Traversa


次の試合ではカミーユ Juban(Gun・MFC)が審査員を
味方に付け、フィル ホロックス(JP・NeilPryde)に
僅差で勝利する。


カミール Juban

午後からは風とうねりが下がり、待機しながら試合を続行していった。
試合はジェイソン ポラコウ(JP・NeilPryde)、
Tik ロペス(Starboard・North Sails)
そしてダニー ブルッフ(Exocet・Severne・MFC)
とMarcilio ブラウン(Fanatic・North)が対戦しました。

ジェイソン Polakow(JP・NeilPryde)はここで
彼らを引き離す実力を発揮し勝利する。
地元のTitik ロペスに関しては対戦相手とのレベルの
差がありすぎて大差を付けられここで敗退する。


ジェイソン ポラコウ


ダニー ブルッフ(Exocet・Severne・MFC)と
にらみ合うように戦っていたが
Marcilio ブラウン(Fanatic・North)のセイリングが
カーボベルデの波にマッチし勝利した。


トーナメント2、午後からは波・風がダウンし
試合続行不可能のため第1ラウンドで中断、
第2ラウンドは波・風のベストコンディションを待つ事となり、
試合続行は明日以降に持ち越された。

The Cabo Verde PWA World Cup – Day Two



応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村
posted by sailor at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。