2008年08月04日

The 2008 Gran Canaria PWA Grand Slam – Day Six

2008グランカナリアPWAグランド・スラム6日目

スラローム決勝
アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
他の追随を許さない王者の走りをでレース7〜9の
3回のレースで1位を獲得、今大会を優勝で飾った。

フリースタイル(女性)決勝 
決勝戦、サラ-Quita Offringa(Starboard, NeilPryde)の演技は
熱く激しいほどの演技で今大会をリードし続け優勝を獲得
彼女は今大会で真の強さを表現して見せた。
Sarah Quita takes another win.jpg

スラローム
レース7(予選)
予選でロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)・ミカ Buzianis
(JP、NeilPryde、MFC)・ジョシュAngulo(MauiSails、Dakine)の
三人は本選への切符を奪い損ねてしまい、敗者復活戦のステージから
這い上がりレース8へ希望をつなぐ事となった。

レース6では不調だったアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
が自分本来の力を取り戻しレース7をリードしていた
ビヨン ダンカーベック(North Sails, Thommen T1)に圧力を
かけ続けたアントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)、
レースは彼のペースに乗り、アントワーヌの強力なマージンを
確保し勝利を手にした。
2位争いはレース終盤でケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)勝ち、スティーブ アレン (Tabou, Gaastra)が3位に続いた。

1位 アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
2位 ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)
3位 スティーブ アレン (Tabou, Gaastra)
4位 ビヨン ダンカーベック(North Sails, Thommen T1)
5位 シルバンMoussilmani(F2、Simmer)


レース8(予選)
アントワーヌAlbeauがトップでレースがスタートした
ミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)とビヨン ダンカーベックが
Bjorn Dunkerbeck.jpg

アントワーヌをトップから引き摺り下ろそうと追撃を試みるが
フランス人の世界チャンピオン、アントワーヌ速さに
追いつくことさえできずレースは終了した。

1位 アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
2位 ミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)
3位 ビヨン ダンカーベック(North Sails, Thommen T1)
4位 ジョシュAngulo(MauiSails、Dakine)
5位 ブノア Moussilmani(Fanatic, North)


レース9(決勝戦)
第1ラウンドはまさかのレース展開。
ジョシュAngulo・ビヨン ダンカーベック・ミカBuzianis
ベンファン・デルステーン・スティーヴ・アレン(Tabou、Gaastra)
ピーター Volwate(North Sails)等トップクラスのセイラー達が
予選を通過できず姿を消していく異例の事態でレース9は始まった。

レース9の決勝戦はアントワーヌAlbeau単独のスピードショーの
ようだった、追随する者を寄せ付けず、アントワーヌが
トップのままレースは終了した。
Albeau faulters.jpg

1位 アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
2位 ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)
3位 ビヨン シリルMoussilmani(Fanatic, North)
4位 Finianメイナード(RRD、NeilPryde)
5位 ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)

2008トータルランキング(スラローム)
1位 アントワーヌAlbeau(Starboard、NeilPryde)
2位 ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)
3位 ビヨン ダンカーベック(North Sails, Thommen T1)
4位 ロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)
5位 シリルMoussilmani(Fanatic, North)


フリースタイル(女性)決勝
予選・序盤戦では好調なヨランダDe Brendt(Fanatic, North)は、
シルビアアルバオロスコ(MFC)とIballaモレノ (North)を
ノックアウトし日本のジュンコ ナゴシ(Simmer Sails, Dakine)を
迎え撃つことになった、ヨランダは光を放つ演技をし続けたが
クールなナゴシの多様な演技とスイッチスタンスは
ヨランダの輝きを奪うには十分すぎる力を発揮していた。

勢いに乗ったジュンコ ナゴシはロール Treboux(Fanatic, North)を
破り、ダイダ モレノ(North Sails)へ挑戦するが
ダイダの繰り出すpuneta、flaka、フロントループなどの技は
Daida Moreno.jpg

ナゴシのすべてを上回り、ナゴシ ジュンコの快進撃もここで
ストップ、決勝はまたもダイダとサラの戦いとなった。

決勝戦、サラ-Quita Offringa(Starboard, NeilPryde)の演技は
熱く激しいほどの演技で今大会をリードし続け優勝を獲得
彼女は今大会で真の強さを表現して見せた。
ダイダ モレノ(North Sails)は彼女に勝つためには
puneta、shakaで勝負を賭けるしかありませんでしたが
判定は、5-0でサラが勝利した。
サラ-Quita Offringaは、また一つの勝利を積み重ねる結果となった。

The 2008 Gran Canaria PWA Grand Slam – Day Six


そのワンクリックが私を突き動かしてくれる。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
posted by sailor at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ見てると、俄然モチベーション上がってきますね。昨日は、レールジャイブビシバシ決まりました。やっぱ、PWAは凄いです。
Posted by アルト at 2008年08月15日 09:14
コメントありがとうございます。
そのように評価していただけると励みになります、英語の翻訳で手こずってますがこれからもがんばります。
本当にありがとうございます。
Posted by sailor at 2008年08月16日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。