2009年06月27日

The Cabo Verde PWA World Cup – Event Preview

カーボベルデ PWA ワールドカップ イベント プレビュー
2.14



この地上で最も優れた32名のウェーブセイラー達は、
いよいよ始まろうとしている。
カーボベルデの神聖なウインドサーフィン
ブレークのスタートに準備を整えていた。

PWAは冬の4ヶ月を経て
カーボベルデPWAワールドカップから
2009シーズンを始動した。

今回、3回目を迎えるカーボベルデPWAワールドカップを
記念してみんなで祝いながら、
PWAのチームは今までを上回るイベントにするために
精力的に働いています。


コンテスト
2月14日〜2月21日の8日間の日程で、
吹きさらしの大西洋ビーチ、
カーボベルデ群島を焦点とし
世界のウェーブセイラー達が
注目するレースが繰り広げられる。


コンテストはPWAウェーブライダー達が
最高の状態で競技できる状況のみで開催します。


プレーヤー
予測どおりに、カーボベルデ出場者リストには、
最高のウェーブライダー・32名の名前が連なっていた。

2008ウェーブ世界チャンピオン及び
カーボベルデチャンピオンの座に君臨する、
Kauli Seadi(JP・NeilPryde・MFC・Mormaii)。
ブラジル出身のヘビー級の体躯の持ち主の
彼は波とアクセスし流れるような走りと、
波に真直ぐに向かうスタイルで有名です。


Kauli Seadi


ジョシュ アングロ(Angulo・MauiSails・Dakine)
2007カーボベルデを制した男
今回Kauli Seadi の手から王者の栄冠を
奪い勝利する事を決意し参戦。


ジョシュ アングロ

ユニーク虚勢と知恵のウェーブセイラー
ジェイソン ポラコウ(JP・NeilPryde)過去2回の
大会では4位と3位の結果に終わっているが
彼のライディングは虚実を交える走りと
重力を物ともしないpersonal safely.で
他を寄せ付けない強さを持っている。


ジェイソン ポラコウ・ケビン プリッチャード


怪我に苦しみ這い上がってきたイギリス人
ロビー スウィフト(JP・NeilPryde)
彼は昨年のカーボベルデで4位で復活を遂げる。
'09年彼が昨年と同じウェーブスタイルを
キープしているなら今大会の活躍も期待は大である。

昨シーズン活躍したトップセイラーの
・ケビン プリッチャード(Starboard・Gaastra・Dakine・MFC)
・アレックス ムッソリーニ(Tabou)
・トーマスTraversa(Tabou・Gaastra)
・ビクター フェルナンデス(Fanatic・North・MFC)


ビクター フェルナンデス


いずれも、世界のウェーブライダー達が注目するメンバー
彼らはカーボベルデのスタートを待ち構えている。

32人のライダー達のほんの一握りが
栄光に輝く事ができる、
誰が落ちてもおかしくない状況のなかで、
30分のセイリングのプレッシャーに打勝つ者が
大会を制します。いよいよ明日からワールドツアーが始まる。


応援本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ウインドサーフィンへ
にほんブログ村
posted by sailor at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。