2009年01月20日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Ten

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム10日目


フリースタイル(男性)
キリ トーデ(Starboard、Gaastra)の猛攻はここから始まった、
アンソニー Ruenes(Tabou、Gaastra)を打つことによって勢い
は増していった。

勢いに乗るキリ トーデ(Starboard、Gaastra)は
Normen Gunzlein(JP、NeilPryde)とAntxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)
引き摺り下ろし、リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)のとの
対戦を迎えた。

キリ トーデ(Starboard、Gaastra)の攻撃は留まる事を
知らなかった。
キリ トーデ(Starboard、Gaastra)が放つAir funnelsと Triple
spocksはここでリカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)を
3位に封じこめキリ トーデ(Starboard、Gaastra)は次のレース扉を
開いた。


キリ トーデ

Tonkyフランス(F2、Gaastra)の動きは
キリ トーデ(Starboard、Gaastra)の勢いを完全に凌駕していた。
Tonkyフランス(F2、Gaastra)が放つスライディングの
コンビネーションとFlakaとAir chachooは
キリ トーデ(Starboard、Gaastra)に越えられない壁となり
彼のレースはここで終了した。


Tonkyフランス


準決勝
Tonkyフランス(F2、Gaastra)とMarcilio ブラウン
(Mistral、Gaastra)の試合は激しくお互いに一歩も引かない
レースが展開された。
Tonkyフランス(F2、Gaastra)の集中力が一瞬欠けた時に
勝敗が決まった。
Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)は精密なマシンの
ようなセイリングでホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)が待つ
決勝への扉を開いた。


Marcilio ブラウン


決勝
ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)のTowering air flaka
で戦いが始まった。
Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)はAir chachooと
Misty flipで応戦、ホセ Estredo はMarcilio ブラウンの攻撃に対し
防戦にまわる試合展開となりこのフェルテベントゥーラの
レースはMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)勝利した。
しかし2008ワールドツアー順位での
1位はホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)のまま
Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)は2位から追う
形をとりこのイべントを終了した。


ホセ Estredo

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム・フリースタイル ランキング
1位Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)
2位ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)
3位リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)
4位Tonkyフランス(F2、Gaastra)
5位キリ トーデ(Starboard、Gaastra)

2008PWA・フリースタイル ランキング
1位ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)
2位Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)
3位リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)
4位Tonkyフランス(F2、Gaastra)
5位キリ トーデ(Starboard、Gaastra)


フリースタイル(女性)
ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)のセイリングスタイルに異を唱える間も無くIballa モレノ(North)のレースはここで終了した。Nayraアロンソ(Fanatic、Severne)のセイリングもジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)の手によりここで終了する。


Iballa モレノ


ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)はダイダ モレノ(North)
との対戦においてForward loopとFlakaで戦い始めたが
ダイダ モレノ(North)と動きがと重なり、
また同じ技をを繰り返すミスでスコアシートのポイントは
ダイダ モレノ(North)へ加算されていく、ダイダ モレノ(North)の
力強い動きと走りに対しジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)は
打開する術はなく5位のポジションでこのイベントを終了した。


ジュンコ ナゴシ


準決勝
ダイダ モレノ(North)の決勝への最後のハードルは
ロールTreboux(Fanatic、 North)であったが、
ダイダ モレノ(North)は序盤戦リードをつかみ
そのままの流れを崩さず勝利した。ダイダ モレノ(North)は
サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)が待つ決勝の
ステージの扉を開いた。


ロールTreboux

決勝戦
ダイダ モレノ(North)のForward loopから戦いは始まった。
サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)は無敗の
セイリングパターン、Funnels、スイッチchachoosとAir flakas
で応戦、彼女達は1位だけを見つめ戦っていた。


ダイダ モレノ


サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)とダイダ モレノ(North)の戦いはフリースタイルを専門として戦い続け、
その奥深さを知るサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)が
優勝した。


サラ-Quita Offringa


2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム
フリースタイル ランキング

1位サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)
2位ダイダ モレノ(North)
3位ロールTreboux(Fanatic、 North)
4位ヨランダ De Brendt(Fanatic、North)
5位ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)

2008PWA・フリースタイル ランキング
1位サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)
2位ダイダ モレノ(North)
3位ロールTreboux(Fanatic、 North)
4位ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)
5位Iballaモレノ(North)

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam -Day Nine
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。
posted by sailor at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Nine

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム9日目


フリースタイル(男性)予選
この日Antxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)は
クインシー Offringa(starboard、Severne)
タイン Slabe(Naish)を次々と破り準々決勝へ難なく勝ち進んだ。


Antxon Otaegui

準々決勝
好調に走り続けるAntxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)
はホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)の動きについてゆくことが
出来ず、Antxon Otaeguiはここで転落してしまう。
準決勝のステージはホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)
リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)、Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)
Tonky フランス(F2、Gaastra)の4人で競い合う形となる。


準決勝
試合はホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)対リカルド Campello
(JP、NeilPryde、MFC)の戦いで始まる。
リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)が先制するが逆に
ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)を刺激してしまい
ホセの爆発的な動きを誘発しこの試合をリカルドは落としてしまう。


準決勝
次の試合はMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)対Tonky フランス
(F2、Gaastra)の対戦が行われた。
フランスの動き凌駕する、スーパースムースなブラウンのOne-handed air funnelが
勝負を決しMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)が決勝に進む。


Marcilio ブラウン

敗者決勝
3位を求めて戦ったTonky フランス(F2、Gaastra)とリカルド Campello
(JP、NeilPryde、MFC)試合は、リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)
はすべてを出し尽くす、一方Tonky フランス(F2、Gaastra)は
この時を待っていたのか様々なコンビネーションが炸裂する
その結果冷静なTonky フランス(F2、Gaastra)が3位に
リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)4位でこの日を終えた。


リカルド Campello


決勝戦
Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)は精密なセイリングの
組み立てで先制するものの
ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)の大きくダイナミックな
Air chachoo、spock 900そして高く飛んだAir flaka と Pushloopなど
最高の動きがホセ Estredo(Fanatic、 North、 MFC)を勝利へと導き1位を獲得した。
しかしこの瞬間フェルテベントゥーラのイベントは最終日の明日を
待たずMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)の優勝が確定した。


ホセ Estredo



フリースタイル(女性)予選
ヨランダ De Brendt(Fanatic、North)がジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)
によってここで姿をけします。
準決勝のステージでジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)は現在
フリースタイルトップのサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)
を迎え撃つことになった。
もう一つの準決勝はロールTreboux(Fanatic、 North)とダイダ モレノ(North)が対戦します。


ヨランダ De Brendt

準決勝
ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)はサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)の
セイリングスタイルの前にジュンコ ナゴシの持ち味を引き出させず
サラは決勝への切符を手にする。
ダイダ モレノ(North)はロールTreboux(Fanatic、 North)によって
敗者決勝で待つジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)の前に連れて行き、
ロールTrebouxはサラが待つ決勝へ進んだ。


ロールTreboux


決勝
サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)はロールTreboux(Fanatic、 North)からの猛攻を受け流し、
サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)はLanding an air flakaとponchで応戦
ロールTreboux(Fanatic、 North)はいくつか衝突を繰り返したものの
スコアシート結果はサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)の勝利を示した。


サラ-Quita Offringa


敗者決勝
ダイダ モレノ(North)の猛攻で始まったこの試合、 ダイダ モレノは
高く飛ぶForward loopsとSlick spocksで一気に勝負出た
ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)は防戦一方のように自身のスタイルを
発揮する事無く3位を ダイダ モレノ(North)に獲得され今日のレースは終了した。


ダイダ モレノ

フェルテベントゥーラのフリースタイル(女性)のランキングは
この時点で1位サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)は確定
したが2位、3位の場所は明日のレースに持ち越すこととなった。



The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam -Day Nine
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。
posted by sailor at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Eight


2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム8日目

フリースタイル(男性)第1予選
この日前回の予選からライバル同士の戦いとなった。
Tonky フランス(F2、Gaastra)対リカルド Campello
(JP、NeilPryde、MFC)で敗者決勝を
そしてホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)対Marcilio ブラウン
(Mistral、Gaastra)で決勝が競われていた。

第1予選決勝
Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)対ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)の勝負。
勝利したのはMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)が1位を獲得し
勝負には負けたもののホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)も2位で予選を通過した。


ホセ Estredo

敗者決勝でTonky フランス(F2、Gaastra)とリカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)が激突。
Tonky フランス(F2、Gaastra)はここで敗退し4位に
勝者リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)が3位を獲得し
第1予選を通過し次のステージへ勝ち進んだ。


Tonky フランス


フリースタイル(女性)第1予選
準決勝
ダイダ モレノ(North)対ヨランダ De Brendt(Fanatic、North)
そしてジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)対サラ-Quita Offringa
(Starboard、NeilPryde)のカードが組まれた。
そのカード中から勝利し決勝のステージで対戦したのは
ダイダ モレノ(North)とサラ-Quita Offringa
(Starboard、NeilPryde)の二人がで競い合う事になった。


ヨランダ De Brendt


敗者決勝
ヨランダ De Brendt(Fanatic、North)対ジュンコ ナゴシ
(Simmer、Dakine)の戦いは
ヨランダ De Brendt(Fanatic、North)が勝利し3位を獲得
ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)が4位で第1予選を終了した。


ジュンコ ナゴシ

決勝
ダイダモレノ(North)対サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)
の乱闘のようなレースを制し第1予選を勝利したサラ-Quita Offringaが1位を獲得し
ダイダモレノ(North)が2位で第1予選は終了した。


第1予選 Women's トップ4


フリースタイル(男性)第2予選
短い休憩後第2予選がスタート
Antxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)とMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)はライバル達が勝ち進んでくるのを
ひたすら待ち続ける。

Antxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)はキリ トーデ(Starboard、Gaastra)が
4回の予選でAntxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)を押し上げる
結果となる、しかもキリ トーデ(Starboard、Gaastra)は
Tonky フランス(F2、Gaastra)からこのイベントから
ランキング外へ押し出される不運結果を受け入れる事になる。


Antxon Otaegui


Tonky フランス(F2、Gaastra)はsuper clean air chachooで交戦するが
リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)のcrazy shuvit spockと
pushloopの前に敗れた。
そしてホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)も
リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)の backloopと
one handed air funnel前に跪くことになる。


リカルド Campello

決勝戦 
Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)とリカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)
の戦いが始まった
ブラウンは、ほんの少しの油断からリカルド Campelloの
shuvit spock air funnel to defeatを繰り出され先に
ポイントされてしまう。

リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)にとって最高のチャンスが
訪れたにもかかわらず、ここでダレてしまいMarcilio ブラウン
(Mistral、Gaastra)に勝利の女神が微笑んだ。

Marcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)の巧みなセイリングが
リカルドの僅かな隙を突き第2予選もブラウンが勝ち取った。


Marcilio ブラウン


フリースタイル(女性)予選
この予選ロールTreboux(Fanatic、 North)の凄まじい猛攻を防ぎきれず
敗退を余儀なくされた、Nayra アロンゾ(Fanatic、Severne)
Iballaモレノ(North)、ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)
ヨランダ De Brendt(Fanatic、North)の4人は予選から姿を消す。
ロールTreboux(Fanatic、 North)はそのまま準決勝へ突き進んむ。


ロールTreboux


準決勝
ダイダ モレノ(North)とロールTreboux(Fanatic、 North)の
試合はダイダ モレノ(North)のloopsとfully planning slidingの技が
ロールTreboux(Fanatic、 North)のセイリングを封じ込め
彼女をを3位に押し込んだ。


ダイダ モレノ

決勝
サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)とダイダ モレノ
(North)の戦いは素晴らしくどちらが勝者か予測出来ない
状態で進んでいった。
決定的な差を生み出したのはサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)が放ったair flakaとflaka
この瞬間サラ-Quita Offringaが勝利を掴んだ。
サラはこの瞬間2008世界チャンピオンに最も近い存在となった。


サラ-Quita Offringa


The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam -Day Eight
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。
posted by sailor at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Seven

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム7日目

フリースタイル(男性)予選
昨日から好調のクインシー Offringa(starboard、Severne)は
そのままの勢いで今日の予選に望んだ
しかしその彼の前にレオ レイ(Naish、Naish、MFC)が立ちはだかる
クインシー Offringa(starboard、Severne)は気負い過ぎたのか予選序盤でその姿を消していった。
次の試合レオ レイ(Naish、Naish、MFC)対リカルドCampello(JP、NeilPryde、MFC)が対戦した。
好調かと思われたレオ レイ(Naish、Naish、MFC)をリカルドCampello(JP、NeilPryde、MFC)を粉砕し次のステージ進んだ。


レオ レイ


こちらも昨日から好調なイアン Mouro レモネード(JP、NeilPryde)
もAntxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)の手によって撃墜され、
そして勝ったAntxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)もTaty フランス(Starboard、North)のクレージーなAir chachooingの前に
Antxon Otaegui(JP、NeilPryde、MFC)はここで力尽きる。


Taty フランス inverted



Taty フランス(Starboard、North)は
キリ トーデ(Starboard、Gaastra)の手で倒され、
そのキリ トーデも風に乗り勢いにも乗れている
リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)の前では
成す術無しの様子。
キリ トーデ(Starboard、Gaastra)も今日の予選から姿を
消していった。



リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)の勢いは留まるところを知らない快進撃を見せる。Normen Gnzlein(JP、NeilPryde)を planning backloops,と pushloops.によって退け。
Tonky フランス(F2、Gaastra)は自身の実力を発揮すする事無く兄弟共にリカルドの前に沈むこととなった。


リカルド Campello

リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)の次の対戦相手は
2007世界チャンピオンのホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)
どちらも一進一退の攻防戦の末、ジャッジのスコアシートは
僅差でリカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)に勝利をもたらす。




予選決勝
現在イベントトップのMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)
とリカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)が決勝の舞台起った。

Marcilio ブラウン(ミストラル、Gaastra)の精密なセイリングから
繰り出されるcrazy air funnelとhuge ponchそして10フィートの
high air flakaで攻撃するかのように相手へプレッシャーを
賭け続ける、一方リカルド Campello(JP、NeilPryde、MFC)は
misty flipやpushloopで応戦するものの相手を退ける力を発揮する
には至らなかった。
勝利は一貫し走りと技術の差でMarcilio ブラウン(Mistral、Gaastra)が掴んだ。


Marcilio ブラウン



フリースタイル(女性)予選

今日のダイダ モレノ(North)の勢いはすさまじく
彼女の前に立ちは立ったアンナヨハンセン(Naish、Naish)と
Nayra アロンゾ(Fanatic、Severne)及びロール Treboux
(Fanatic、North)そして姉妹のIballa モレノ(North)の
選手達はことごとく葬り去られる様に姿を消していった。

ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)はforward loopとflakaで
ダイダ モレノ(North)にプレッシャーをかけるように戦うが
ダイダは動揺する事無く冷静にジュンコに対し
片足forward loopとclew first forward loopそして
fully planning spockで応戦しジュンコに勝利する。


ダイダ モレノ forward loop

次の試合でダイダ モレノ(North)はヨランダ De Brendt(Fanatic、North)の持てる力をすべて出し切る動きに圧倒され自身セイリングを封じ込められてしまった
ダイダはここで敗退を認める結果となった。


ヨランダ De Brendt



予選決勝
決勝の舞台はサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)
とヨランダ De Brendt(Fanatic、North)で競い合う
序盤戦の二人の戦いは均衡した攻防戦が続き差を広げる
決定打を欠く戦いが繰り広げられていった。
チャンスはサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)に訪れた
サラが放ったmassive air flakaがこの勝負の決定打となり
勝利はサラが掴んで終了した。


サラ-Quita Offringa


The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam -Day Seven
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。
posted by sailor at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Six

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム6日目
フリースタイル初日、PWAフリースタイルクルー達はエアーでの
ダイナミックなアクションとくらくらするようなトリックを
使い海の上で華麗な演技を繰り広げた。

フリースタイル(男性)予選
この日最初に準決勝決勝に勝ち進んだのは、Normen Gnzlein
(JP、NeilPryde)でした。
彼はチームメイトのアンディ チェンバース(JP、NeilPryde)
突き放すように前へ進み続け、トーマス Traversa
(Tabou、Gaastra)、キリ トーデ(Starboard、Gaastra)
を退け準決勝決勝のステージを手にした。


Normen Gunzlein Push loop


同じような試合運びで準決勝へ進んだのはMarcilioブラウン
(ミストラル、Gaastra)でした。
彼はCheoディアス(RRD、Simmer)を軽く退け、
ニコラスAkgazciyan(Starboard、Gun Sails)が本来力を発揮する
前に押さえ込みこの試合を制した。
ホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)は簡単なステップを
踏む様にTaty フランス(Starboard、North)を退け彼は
ベスト4へ難なく進む。

準決勝
リカルドCampello(JP、NeilPryde、MFC)を引き摺り下ろしT
onkyフランス(F2、Gaastra)が決勝へ勝ち進む

2007世界チャンピオンのホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)を
ここで抑えるためにNormen Gnzlein(JP、NeilPryde)は勝負に出る
洗練された綺麗なセイリングでホセ Estredoをここで沈めたかに
見えたが、流石は2007世界チャンピオンすべてにおいて
Normen Gnzleinの上を行く格の違いを見せつけ勝利した。

Tonky フランス(F2、Gaastra)はMarcilioブラウン
(ミストラル、Gaastra)の繰り出すshuvit spocksの動きと
猛攻の前にすべての技と戦術が崩れ去っていくの目の当たりにする、
この試合圧倒的な差でMarcilioブラウン(ミストラル、Gaastra)
が勝利する。

敗者決勝
Tonky フランス(F2、Gaastra)対Normen Gnzlein(JP、NeilPryde)
の戦いはフランスの予想外で熱くユニークなアプローチの前に
Gnzleinの精密なセイリングと技は見せ場を失ってしまう。
3位Tonky フランス(F2、Gaastra)4位Normen Gnzlein(JP、NeilPryde)


Tonky フランス tweaked



予選決勝
Marcilioブラウン(ミストラル、Gaastra)対ホセEstredo
(Fanatic、 North、 MFC)の二人の戦い今日がファイナル。
決勝の試合についてブラウンのコメントは『決勝では本当に風が強く、
一進一退を繰り返すような試合内容となった、ponchで失敗し
One-handed air flakaを何とか成功させて必死に持てる力の
すべてを出し切って戦ったがあれが限界だった。』
一方のホセEstredo (Fanatic、 North、 MFC)は目の前の敵より
自身の怪我と向き合いながら戦いきった。試合の結果は
ホセEstredoのセイリングにMarcilioブラウンが及ばず
4-1判定結果でこの戦いはホセ Estredo (Fanatic、 North、 MFC)
が勝利した。


ホセ Estredo

フリースタイル(女性)予選
今大会好調な Iballaモレノ(North)に対しロールTreboux
(Fanatic、 North)が挑戦するかのような戦いとなった、
しかしロールTrebouxのほんの僅かな油断が生んだ隙を逃さず
IballaモレノはBig backloopの技を繰り出し詰めることの出来ない
差をつけたモレノが勝利した。


Iballa Moreno back loop



この予選で生まれた物語のヒロインYoli De Brendt(Fanatic、North)はサラ-Quita Offringa
(Starboard、NeilPryde)が君臨する2008シーズントップを
奪い取るため彼女はニーナ Tjernberg(F2、North)と今大会動きが
重いフリースタイルのダイダ モレノ(North)そして
ジュンコ ナゴシ(Simmer、Dakine)を引き摺り下ろす
見事な戦いを繰り広げ、サラへの挑戦権を手にした。


Yoli De Brendt


敗者決勝
3位を争いIballaモレノ(North)がジュンコ ナゴシ(Simmer、 Dakine)挑戦する戦いが繰り広げられた。
両者共flakasとthirdspocksを応酬する激しい戦いの末、
2008シーズンランキング4位のジュンコ ナゴシ(Simmer、 Dakine)
に勝利3位を獲得した。

決勝戦
サラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)とYoli De Brendt
(Fanatic、North)の戦いは最後まで気の抜けないデッドヒート
の争いとなった。
サラ:『決勝の序盤戦はFalkaから走り始めたがあまり良い感じを
掴むことができないままpuneta 540をしspockの途中で外に
落ちてしまった、落ちたショックで神経質になった私は結果を
出す事に必死になりBig ponchを最後に繰り出すことが出来た。
Yoli De Brendt(Fanatic、North)のセイリングが素晴しかった物
だっただけにまさか私が勝つとは思わなかった。』とサラは
コメントした。
今日の予選は3-2でサラ-Quita Offringa(Starboard、NeilPryde)が
勝利した。


サラ-Quita Offringa


フリースタイル(男性)ステージ2
素晴らしいフォームとセイリングでクインシー Offringa
(starboard、Severne)とイアン Mouro レモネード(JP、NeilPryde)
が明日のレースへ勝ち進んだ。


クインシー Offringa
posted by sailor at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。