2008年10月29日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Three

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム-3日目

スラローム(男性)予選

レース5

爽やかな15-30ノット風の中、今日のレースは始まった。

スタートラインから加速しトップに躍り出てて来たのは
Finian メイナード(RRD、NeilPryde)彼がスラロームクラス
ウインドサーフィンでトップクラスのセイラーであることを
このレースで証明して見せた。
彼が選んだセイルは7.8uこのセイルが彼を勝利へと誘う予選から
決勝までトップで走りぬけ、その実力このレースで示して見せた。

1位Finian メイナード(RRD、NeilPryde)
2位ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)
3位ブノワ Moussilmani(F2、Simmer)
このレース、アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)
6位で終わった。



レース6
決勝戦
レーススターと直後アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)を
交わし走り抜けたビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)
この瞬間、アントワーヌから勝利の二文字が消えた。
レースはそのまま順位で進みダンカーベックがトップのまま勝利を
その手につかんだ。

1位ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)
2位アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)
3位ティーヴ アレン(Tabou、Gaastra)


ビヨン ダンカーベック


レース7
51人のセイラーが出場するレースを一番早く駆け抜けたのは
2007ワールドチャンピオンのアントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)、彼の速いレース展開の前には追いつくことさえ
困難な差が開いていた。

1位アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)
2位ミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)
3位ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)


アントワーヌ Albeau

レース8
トップクラスのセイラーが不本意な結果に姿を消していく。
16位ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)
17位アントワーヌ Albeau
21位ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)
との状況で決勝戦に程遠い結果に終わっていった。

このレースの中終始一貫していたのはミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)
彼は最後までトップを守り抜く走りで勝利を手にした。

1位ミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)
2位ピーター Volwate(F2、 North)
3位シリルMoussilmani(Fanatic、 North Sails)


ミカ Buzianis



スラローム(女性)予選
  
レース6・7
レース6・7
誰も寄せ付ける事無くヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)が
勝利を手にした。
レース6
1位ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
2位サラ-Quita Offringa (Starboard、 NeilPryde)
3位カリンJaggi (F2、 North Sails)


カリンJaggi

レース7
1位ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
2位カリンJaggi (F2、 North Sails)
3位Lee-el Korzits(Gaastra、 Tabou)4
位サラ-Quita Offringa (Starboard、 NeilPryde)


Lee-el Korzits


レース8
混戦するレースを制したのは、カリンJaggi (F2、 North Sails)
団子状態で突っ込んでいったマークから誰よりも早くジャイブして
トップを掴む、その後に続くヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
を阻止し躍り出たIballa モレノ (North Sails)が2位を獲得した。

1位カリンJaggi (F2、 North Sails)
2位Iballa モレノ (North Sails)
3位ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)


Iballa モレノ

レース9
最終レース、カリンJaggi (F2、 North Sails)は第2マークでジャイブ
を失敗し大きく順位を落としてしまう、その隙を突きジャイブし
滑り込んできたのはヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
レース8の雪辱を果たす。
先程のレースとは逆にジュンコ ナゴシ(Simmer、 Dakine)阻止された
Iballa モレノ (North Sails)は3番手でレースを終了した。

1位ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
2位ジュンコ ナゴシ(Simmer、 Dakine)
3位Iballa モレノ (North Sails)
4位カリンJaggi (F2、 North Sails)


ヴァレリー Ghibaudo


The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam -Day Three
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。
You Tubeで動画を探せませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by sailor at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam – Day Two

2008フェルテベントゥーラPWAグランド・スラム-2日目

スラローム(男性)予選


レース2
エルトン (Taty) Frans(Starboard、 North Sails)と
リュドヴィクJossin(F2、The Loft)の二人が全体をリードして
フライングスタートしたため予選第一組全体がこの時点で
いなくなってしまった、その中でもロス ウィリアムズ(Tabou、Gaastra)とゴンザーロー コスタ Hoevel(NeilPryde)の
二人が珍しく準決勝に進む事無くここで姿を消して行った。

レース2 敗者復活戦での決勝ではジミー ディアス(North Sails)
1位を獲得、その後に続いたのは、2位にジュリアン Quentel(Starboard、 NeilPryde)続く
3位はArnon ダガン(Fanatic、 Gaastra) で敗者復活戦は終了しました。

レース2 決勝
それはアントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde) 単独のスピードショーのようなレース展開で誰も寄せ付けず、
レース2の栄冠はアントワーヌが手に入れた。
1位アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)
2位ミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)
3位ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)


アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)

レース3
準決勝でスティーヴ アレン(Tabou、Gaastra)・
ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)・
ピーター Volwate(North Sails)の三名はつまずいてしまい
敗者復活戦 決勝のステージで争うこととなった
ケビン プリチャードが1位で勝利しレース4ヘ希望をつなぐことが
出来た、2位にピーター Volwateが入り
3位にはダン エリス(Fanatic、MauiSails)が獲得、
スティーヴ アレンは5位と厳しい結果でレースは終了した

レース3 決勝
当然のようにアントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde) が
トップを独占、2位にミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)、
シルバン Moussilmani(F2、Simmer)の横をすり抜けた
ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)が3位を掴んだ。
1位アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)
2位ミカ Buzianis(JP、NeilPryde、MFC)
3位ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)
4位シルバン Moussilmani(F2、Simmer)


ビヨン ダンカーベック(T1、 North Sails)

レース4
スラロームのトップレーサー達が順当に準決勝へ駒を進める中、
ピーター Volwate(North Sails)だけが不本意な結果で準決勝への舞台を断念せざる終えなく成ってしまっていた。

レース4
敗者復活戦 1位はブノワ Moussilmani(F2、Simmer)
2位、ピーター Volwate(North Sails)、ピーターは
この時点でスラロームのランキングトップ10内をとりあえず
キープすることが出来た。

レース4 決勝 
ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)が
4つ目のマークをターンするときには、ケビンの尋常じゃない
スピードにアントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde) でさえ
引き離されていった。
今日、行われた3つのレースの中ではじめてアントワーヌが2位に抑えられた。
このレースでケビンはスラロームの全体ランキング8位に押し上げる
ことが出来た。
1位ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)
2位アントワーヌ Albeau(Starboard, NeilPryde)
3位Finianメイナード(RRD、NeilPryde)


ケビン プリチャード(Starboard, Gaastra, Dakine, MFC)


スラローム(女性)予選  

レース3
前日のレースから優位な流れを作っている
ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)今日のレース3もヴァレリーが1位で駆け抜けていった。
2位に復活のカリンJaggi (F2、 North Sails)
3位にサラ-Quita Offringa (Starboard、 NeilPryde)がスラロームの自己最高記録をたたき出すセイリングをしてきました。


ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)

レース4
好調なカリンJaggi (F2、 North Sails)がトータルランキング
2位の実力を発揮し、このレースはカリンが勝利した。
1位 カリンJaggi (F2、 North Sails)
2位 ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
3位ジュンコ ナゴシ(Simmer、 Dakine)
3位のジュンコはフーリスタイルの選手だがレースの才能を垣間見せる結果を見せることとなった。


カリンJaggi (F2、 North Sails)

レース5
スラロームのレースにおいて一流の勝負勘を発揮し勝利を手にしたのは、ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)でした。
1位ヴァレリー Ghibaudo(Tabou、 The Loft)
2位Iballa モレノ (North Sails)
3位ジュンコ ナゴシ(Simmer、 Dakine)


Iballa モレノ (North Sails)

The 2008 Fuerteventura PWA Grand Slam -Day Two
レース映像はグッド(上向き矢印)をクリックして下さい。
You Tubeで動画を探せませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by sailor at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PWA 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。